*チサ日記*

息子との楽しい日々を綴っています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回と同じく、診療前の8時半に病院に行き、
手術を受けます。
今回もまた、点滴の針が刺さらず、3度目にしてようやく。
毎回、イヤになってしまいます。

先生のおっしゃったように、手術の痛みはありませんでした。
すぅーっと意識がなくなり術中は何も分からず、
終わりかけに器具のカチャカチャ言う音や
看護士さんの声がなんとなく聞こえるくらい。

終わったあともすぐに個室にうつしてもらえて、
2時間くらい経ち、
麻酔も切れてきた頃にはお茶とお菓子を持ってきてくれました。
ただ、やっぱり新生児の泣き声は
精神的にきつかったです。

手術が終わると虚しさを感じます。
今まで妊娠するためにがんばってきた時間、
妊娠中、気を遣って過ごしてきた時間、
つわりと闘ってきた時間、
すべてが無駄になってしまったように感じます。
スポンサーサイト
前回と違う病院に通っていました。
先生がとても親身になってくれると評判のところです。

流産の宣告を受け、手術が必要との説明をされたのですが
前回の苦痛を訴え、全身麻酔にして欲しいと頼みました。

痛みがあったこと、麻酔が効いてないのに処置されたことを聞いて
先生は驚いていました。
うちの病院では、確実に眠ったのを確かめてからでないと
手術はしないとおっしゃいました。
流産した人に痛みを与えるなんてことは絶対にしない、と。

ここの先生は経産婦と言うことで
前日に入れるラミナリアもナシでいいとのこと。
ラミナリアは入れるときに痛みがあり
どんどん膨らんでいくので違和感があり
入れたくなかったので良かったです。
今まで健康で、手術なんて受けたことがありませんでした。
なので、前日はその緊張と
赤ちゃんを失った悲しみで、なかなか寝付けませんでした。

手術自体は簡単なもの。
すぐに終わるらしい。
ただ、点滴を受けるのに
私は低血圧&冷え性で、なかなか針が入らず
4度も刺されて手術前から痛い思いをしました。

ネットでもいろいろ調べたのですが
流産手術は痛いらしい・・・
覚悟して行ったものの、痛さは想像以上でした。
麻酔は全然効いてなく、
頭がぼーっとする程度。
手術が終わった後も、子宮の収縮とかでしばらくは横向きのまま
痛みと戦っていました。

冷たいベッドの上で、
新生児の鳴き声が聞こえてきて、
とてつもなく悲しくなりました。

もう2度と流産はしたくないと、思いました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。