*チサ日記*

息子との楽しい日々を綴っています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ツワリに波が出るようになりました。
1日置きとかになったのです。
気になって、病院で受診したところ
7週で、心拍も確認できました。
不安に思いながらも、心拍確認後の流産率は低くなると
聞いたこともあり、
きっと今回はツワリは軽いんだと、思うことにしました。

その2週間後、9週の後半、
2週間ぶりくらいに受診したところ
赤ちゃんの姿がなくなっていました。
私にはなんの変化もなく、出血も腹痛もありませんでした。

予定日は5月10日でした。

また赤ちゃんとさよならです。
スポンサーサイト
妊娠がわかってから、前回流産していることもあって
不安でたまりませんでした。
流産が2度続くことはないと、病院でも言われていたのですが
それでもトイレに行くたびに出血してないか気になります。

6週に入るくらいの時期、
また出血しました。
そろそろ病院へ行こうかな?と思ってたときです。
少量ではなく、鮮血で、量も多め。
急いで病院へ駆け込みました。
検尿のコップも真っ赤になるほどの出血。
そのときは腹痛もありました。
まだダメなんだと、思いました。

けど、エコーで確認してみると心拍が確認できました。
出血は流産性のものではなさそうとの診断。
ほっとしました。
それから、2~3日後には出血は止まりましたが
ツワリが出てきました。
不思議なことに魚をまったく受け付けなくなり
起きているときは常に気持ち悪い。
息子の時よりキツイ気がしました。
3学年差が終わってしまったので
自力の排卵を待って長期戦覚悟でトライしてみることにしました。
7月8日に生理開始。
それからは大豆製品を多く取ったり、
サプリメントのマカを取ったり、
自分でできることをしていました。

長い長い低温期が40日ほど続き、
ようやく排卵の兆候が!
高温期14日目、早期妊娠検査薬で陽性反応が見られました!
9月3日、流産から約8ヶ月後のことです。

1月7日に流産の手術を受けて、
次の生理が来るまで2ヶ月以上かかりました。
3月29日にようやく。
普通の人は1ヶ月程度で来るそうです。

息子との3学年差を狙えるのはあと数ヶ月。
自力での排卵を待っていたら、トライできる回数も少ないってことで
病院に行きました。
クロミッド1錠を5日のみ、排卵をさせます。
すると39日目には生理が来ました。
もちろんトライはしていたものの
残念ながら、リセット。

それからクロミッドを2錠で2周期やってみました。
排卵検査薬も使い、卵胞チェックもし、
排卵のタイミングもわかってて、トライしてるのに
妊娠に至りませんでした。

そして、とうとう3学年差のリミットが過ぎてしまい
不妊治療もお休みに入りました。
病院に行き、診断を受けると「不全流産」でした。
外に出てしまったけど、
子宮内に組織や内膜が残っている状態。
そのままにしておくと、感染症の恐れもあり
次の妊娠のためにも子宮内をキレイにした方がいいとのこと。

手術は7日の土曜日になりました。
前日にラミナリアを入れ、
一旦家に帰ります。
次の日の朝9時に病院へ行き、手術を受けます。

予定日は8月30日でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。